スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
だまっち ボランティアに参加したの巻
2010 / 05 / 31 ( Mon )
つばめさま、大変ですね。
お疲れ様です。

さて、先日だまっちはボランティアに参加してきました。
交差点に立ち、目の前を通り過ぎる子供達をニコニコと見ていたのだと思います。

すると、遠くからM教頭先生が「だまっちさ~ん、お疲れ様です。」と言ってきたとのこと。
胸元に名札をぶら下げていましたが、だまっちは「顔を覚えられてる?こりゃ悪いこと出来ないぞ・・・。でもどうして?」
と、不思議に思ったそうです。
といっても、声をかけて頂いたことには満更ではなかったらしく、子供の担任の先生からも「だまっちさん、お疲れ様です。」と言って頂いたそうで、だまっちは先生から声をかけて頂いたこと、多くの保護者がおられる中で自分の名前と顔が一致していたことに驚いていましたし、教頭先生や先生方がボランティアに参加した保護者のみなさんに丁寧な対応をとられていたことにとても感謝していました。

ところで、だまっち旦那が思うところ、ボランティアへの参加、みなさんどういう気持ちをお持ちでしょうか。
「人手が限られている中で大勢の児童の学校活動を円滑に進めるためのお手伝い。」
人それぞれでしょうから、考え方もいろいろでしょう。
ボランティアをする側
 タイプ1「お役に立てるなら・・・」という気持ちと、
 タイプ2「やってあげてるんだぞ。」という気持ち。
ボランティアをお願いする側
 タイプ1「お忙しいところで恐縮です」という気持ちと、
 タイプ2「やると言ったんだから、しっかりやれよ」という気持ち。

どっちにしても口には出さなくても、言葉の端々や態度に自然と表れるますよね。
「人手が限られている~」の中で、お願いする側は人手がないと運営できないわけで、でもボランティアをする側はやらなくても生活に代わりがないわけですから、結局後者が強い立場なのは明らかです。

さて、みなさんどうでしょうか。
わたし?
6/11に分かると思います・・・。
スポンサーサイト
12 : 37 : 54 | 木曜日のかあちゃん | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<だんごむしです | ホーム | だまっち 委員会の巻>>
コメント
----

私は「ボランティアをする側のタイプ1」って感じかな(*^_^*)
自分のためにもなっています。ボランティアにかぎらず、新しいことに挑戦すると、気づきがいっぱいあります。
by: だんごむし * 2010/05/31 14:24 * URL [ 編集 ] | page top
----

自分の職場はボランテイアする側のタイプ1
でないとうまくまわっていきません。
でもやっぱり様々な人がいるので
権利を主張するタイプ2も若干いるかな。
同じ事をするならやっぱりタイプ1の
気持ちで取り組みたいですよね。
by: つばめです * 2010/06/09 16:32 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kaachandokushokai.blog59.fc2.com/tb.php/595-95b423d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。