スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
本との出会い
2011 / 08 / 14 ( Sun )
何とはなしに本屋さんに立寄り、子供を待つ間に
以前話したホスピスケアを行っている徳永進先生の記事を目にし
本に書いてあるとおりの人柄がにじみ出ていました。
亡くなった方へ白い布を顔にかける時、その病院では
手作りの野の花の刺繍をした布を使用しているとのこと。
亡くなった方への愛情に満ちあふれていました。
どんなこともそのまま受け入れてくれる優しさがあります。

また教育評論家で今タレント的にテレビに出ている「尾木ママ」の
教育本をちょっとめくってみました。
たまたまテレビで子育てについてコメントしていた内容に
心ひかれ本を手に取ったのです。
その中で子供が学校のテストを成績悪く持ち帰った時に
親としてかける言葉が3つあると。
1にどうしたの? 次は大変だったね。最後は偉かったね。
なんだそうです。ついつい点数ばかりに目がいってしまい
こんな風に声をかけることは考えつかなかったです。
この3つは子供だけでなく家族や会社でも使える言葉なんだと。
やっぱりこうして子供といえども子供の話を聞く、認めてあげることの
大切さを教えてくれました。
今日は私にとって2つのいい出会いがありました。
スポンサーサイト
20 : 51 : 05 | 土曜日のかあちゃん | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
暑いですね。つばめです
2011 / 08 / 13 ( Sat )
先日夏休みを取り、岩手に行ってきました。
1年ぶりにママ友に会い、懐かしさと震災時の大変さの
話であっと言う間に時間が過ぎていきました。
子供もちゃっかり2日間ともお友達のお家へお泊まり。
1年会わなくても以前のように仲良くしている姿に
嬉しくなりました。去っていった自分達の事を忘れずに
以前と同じように接してくれる親子に心が温まってきます。
子育ても子供の年齢が上がっていくにつれ
悩みも変わってきます。
ママ友に高校生の子供の悩みを打ち明け、自分の育て方が
間違っていたのかな?とつぶやいたら
「間違った事なんかないよ。あの時はそれが最善と思って一生懸命だったじゃない。」
と言ってくれたのです。思わず涙がこぼれ落ち、ずっと自分に自身を失って
いたところでとても救われた思いでした。
この夏の旅行は親も子供も友人との絆を深められたものとなりました。

皆さんはどんな夏休みを過ごされているのでしょうか。
22 : 25 : 04 | 土曜日のかあちゃん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
つばめです
2011 / 08 / 04 ( Thu )
8月に入り、以前のような暑さがなく、拍子抜けするほど。
せっかくプールにと予定立てても雨で中止することに。
仕方なく子供にせがまれ、子供のお友達引き連れて
近くの温泉へ行きました。
子供だけで男湯へ、私はひとり寂しく(せいせいと?)女湯へ
でも子供達はお風呂で何をしているのやら、なかなか上がってこなく
母が湯冷めするほどお湯につかって(?)いたようです。
まだ小学5年生と思っていたけど、なんだか友達同士で話を
している子供の姿は自宅にいる時と違う表情があったりして
なんとなく自分だけ別世界にいたような気分でした。

中学生の子は今卓球に夢中。卓球で知り合った友達やコーチとも
話が合い、子供の新しい世界が広がっているようです。この間の
日曜日も1日出ずっぱり。
そんな姿をみているだけで私も楽しくなります。

中学生につきあって出かけた時、ブックオフで偶然探していた本を
発見しました。

野の花診療所まえ野の花診療所まえ
(2002/05)
徳永 進

商品詳細を見る


この著者の徳永先生は現在ホスピスケアをしている医師であり、その医療現場での
様々な患者さんとのふれあいをあたたかな視線でとらえている姿勢を感じ取れる
本です。大好きな鎌田先生と似通った部分があります。
頑固なおじいちゃんや末期がんの患者さんなど、個々にバックグランドがあり
人間の多面性のおもしろさや優しさを普通の診療の中に気づかせてくれます。
自分もこんな先生に出会えたらいいなと思い、また仕事でもこんな風な接し方
してみたいなと考えさせられます。本も人との出会いと同じで
偶然にもこの本を取ったこと良かったなと思っています。

そういえば今年の夏休みの宿題で伝記を読んでの読書感想文がありますが
皆さんは誰の伝記を読むのでしょうか?
本を探し、本人に読ませる(?)ことがとっても大変
未だに決まっていないから母だけが心配しています。
自由研究もまったく手つかず、我が子はどうするつもりなんだろう。
21 : 25 : 11 | 土曜日のかあちゃん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
こんばんわ つばめです
2011 / 07 / 26 ( Tue )
夏休みに入りもうすぐ1週間になります。
小学生の子はこの夏全開に遊び回っています。
土曜日は地区の夏祭り、日曜日はお友達のお父さんに連れて行ってもらいプールへ
今日はお友達のお家へお泊まり。親がみていても羨ましいほどお友達と
遊び回っています。
それにしても小学生の子がいないだけで、我が家はひっそりとなってしまい
寂しいものだなー なんて感じている私です。中学生の子は自分の
部屋で好きな音楽を聞いているし、高校生はパソコンに向かっているし。
だんだん親との時間なんて減っていくんですね。

せっかく自分の時間があると思っても今特に読みたい本がなく
ちょっと手持ちぶさたを感じています。
仕方ない、仕事関連に目を通しておこうかな。
ではまた、おやすみなさい。
22 : 59 : 24 | 土曜日のかあちゃん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
つばめです
2011 / 07 / 24 ( Sun )
今日2番目の子が卓球を習いたいと、ホームページで探した練習場に行ってきました。
そこは小学校高学年から中学生の子供達が、卓球が好きで通っている場所でした。
あまりにも周りの子供達が上手で我が子は最初引き気味。
私もどうかなー っていう気持ちでみていたのですが、さすが指導者が上手いのか
ポイントをついての指導や気持ちをほぐすような言動で
我が子は、どんどんその場の雰囲気にすんなり入っていき
とても楽しく過ごしていました。
たった約2時間の練習でも子供の成長する姿にびっくりでした。
きちんと教えられる指導者の存在って大きいんですね。
この夏、中学生にとって目標ができたようです。
また違う地域の子供達との出会いも本人の中で刺激になっていたようです。
 
長い夏休み始まったばかり、3番目の小学生も計画立てて過ごせるように
考えていかないと。
22 : 28 : 23 | 土曜日のかあちゃん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。